リレー寄稿:ヒジャーブ@高校2014 名古屋・Mさんの場合

皆さんから寄せられた日本の高校でのヒジャーブについての情報を、日本列島を北から南の順に縦断して掲載します。これらは皆さんから集まった体験談やアイディアであって、こうしなければいけないとか、こうすれば必ず成功するという保証のあるものではないことをご了承ください。

リレー寄稿:ヒジャーブ@高校2014 名古屋・Mさんの場合

◆Mさん:

私の長女、高校1年生と次女、中学3年生は、名古屋駅前にある公立の帰国子女を受け入れている小学校に通ってから、南山大学の付属の帰国子女受け入れ校、南山国際中・高校に通っています。

校則では、標準服という制服に準ずるものはありますが、基本服装は自由、女の子は水着になるのに抵抗があれば「水泳」を休んでも成績に反映することはありません。

 

カソリックの学校ですが、今迄も何人かのムスリムを受け入れているので、遠足や修学旅行、学校でのお友達との茶話会から打ち上げまでムスリムであることを理解してくれる環境にあると感じています。

私の場合は学校の校則もそうですが、子供達が共に学ぶ仲間や保護者の理解度も重視しました。海外滞在経験のある家族が多く、「イスラーム」「ムスリム」「ハラール」に関して理解があり、助かっています。

 

その他には、名古屋大学付属なども制服に規制がゆるかったり、宗教の無い女子校などもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中